読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Let's Go! / The Ventures

1963年。米Dolton、BST-8024 (ステレオ) / BLP-8024 (モノラル)

手持ちはステレオのみ。

 

f:id:perucho:20121222224859j:plain

ジャケットはボロッボロで、端の方から粉になってきている。

f:id:perucho:20121113171315j:plain

裏ジャケになにやらサインっぽいものが

 

f:id:perucho:20121223223320j:plainf:id:perucho:20121223223401j:plain

内袋。なんかWipe Outのコードに関するっぽいメモ書きが…

 

f:id:perucho:20121113171440j:plain

レーベル。マトリクス末尾は両面とも−1なので、正真正銘オリジナル・リリースというやつかも。

せっかくのオリ盤に落書きすんなよ……、なんて思うのは発売からかれこれ50年経とうとする現在だからこそか。

 

 

Let's Go

運動会のあれ。Youtubeのクリップは聴けなくなってた

オリジナルはThe Routers。こっちの方がギターは流暢だが、よりズンドコしてやかましいオリジナルにも捨てがたい魅力がある。

The Routers - Let's Go

 

Wipe Out

The Surfarisのヒット曲をすかさずカバー。

この版はとにかくHal Blaineのドラムが強烈。この人は音色的に大変好みなので、一時期参加作品を漁ろうとして泥沼に片足突っ込みかけたことがあった。

The Surfaris - Wipe Out

 

El Watusi

Ray Barrettoのヒット曲をこれまたすかさずカバー。

滑らかなギターが魅力的、というかよくここまで仕立てあげたものだと素人ながら感心してしまう。

Ray Barretto - El Watusi

 

Sukiyaki

坂本九の(ry

サーフ系では他にアップテンポに仕立てたJerry Cole and His Spacemenの版があるが、こちらは正攻法で見事にやってのけた感じで非常に良い。

坂本九 - 上を向いて歩こう