読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Surf City 7" / Jan & Dean

今週のお題「海」ということで、早い段階から海→水着の女の子→両手に花と連想してこのシングルをとりあげようと思っていたのだが、某乙女理論をプレイしてるうちにあやうく忘れるところだった。朝日マジ天使

 

f:id:perucho:20130809154013j:plain

ブライアン・ウィルソンに少なからぬ影響を与えたわりに影が薄いジャン&ディーン唯一の全米No.1ヒットで、たぶん18枚目ぐらいのシングルなんじゃないだろうか。ジャケ無し

1963年5月13日リリース。米Liberty、55580。

 

f:id:perucho:20130809154508j:plain

45cat - Jan And Dean - Surf City / She's My Summer Girl - Liberty - USA - 55580

上記のページと照らしあわせて見た限り、西海岸プレスっぽい。なんかレーベル面だけ見てるとこっちがA面なんじゃないかと思えてくるな……

クレジットから分かる通り両面ともブライアン・ウィルソンが作曲に関わっており、"Surf City"ではレコーディングにも参加している。特徴的なハイトーンはビーチ・ボーイズでもお馴染み。

 

 


Youtubeにはこういった実際にレコードを再生しているところを撮影したタイプの動画がいくつもあり、これはこれでけっこう面白いと思う。他人がレコードプレイヤーを扱っている場面なんてめったにお目にかかれないし(この動画みたいなやり方は漢らしすぎてちょっと真似したくないが)。

それにこの動画もそうだけど、シングル盤のモノラル音源ってCD化されてないかあってもそうそう入手できなかったりするので有難い。

 


こちらは別の人がアップしてたB面曲。クリスタルズのパロっぽいフレーズが出てきたりして楽しいけど、重要なのはとにかくハル・ブレインのドラムですね。

なおアルバム版にはイントロが付き、フェードアウトもしない。

 

 

なんかPVっぽいものもみつけたのだけど…… 


えーっと……

ま、まあ、サーフィンそっちのけっぽい雰囲気は感じられることと思います。女の子そっちのけな"Tell 'Em I'm Surfin'"とはえらい落差である。

 

毒を食らわば皿まで、ということでこんな映像もあった。


愛嬌はばっちりなんじゃないっすかねー(棒)

 

 

サーフ・シティ

サーフ・シティ

"Surf City"収録のオリジナル・アルバム。

 

ライド・ザ・ワイルド・サーフ

ライド・ザ・ワイルド・サーフ

こちらは"She's My Summer Girl"収録で、"Tell 'Em I'm Surfin'"も入ってる。ジャンの事故以前にリリースされたスタジオ・アルバムの中では白眉かと