読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

叛逆の物語を観たので、だらだら感想を書く

わりと箇条書き。あとネタバレあるかも

 

 

観たいものを直球で思いきりやってくれて、すごく満足感がある映画だった。

そういった面でいうと、内容をどうこう考察したりするよりはファンサービス満載なお祭り映画として受け取るんで十分なんじゃないか、むしろそういう作品なんじゃないかと思ったりもする。

キャラ同士のキャッキャウフフやバトルに限った話ではなく、ラストの展開だってみんな内心ではああいう酷い(褒め言葉)のがまた観たかったんじゃないのかと。その期待にしっかり応えつつわりと妥当な落とし所にもってったなあというのが今のところの印象。

正直に告白すると、いろいろ解決してアルティメットまどか降臨→おや?ほむらのようすが……なシーンは思わず劇場でガッツポーズしかけた。こいつ、やりやがった!(歓喜)みたいな。

 

キュウべえもネタ方向にサービスしまくりだったけど、彼?の「円環の理」に対する姿勢はまったくブレてなくて好感の持てるものであった。俺も悪魔ほむらにつんつんされたい。

 

 

まどかとほむらはどちらも「してあげたい」人なのか、その願いはあちらを立てればこちらが立たずな関係になってしまっている。

妥当な落とし所というのはつまり、ほむらが定められたルールから少々「融通をきかせる」ことにより両立するよう調節した、ということである。まどかを引っ張りだしちゃったのは少々なのかわからんけど。

 

あの延長でもし仮に続編をやるとすると、神まどかと悪魔ほむらとの最終戦争になってしまいそうなんですけどそれは。いや、それはそれでアリだろうか。

あとは途中でまどかが目覚めるパターンだけど、その場合なんかふつうに召されちゃって終わるような気も。

つーか両立とか書いたそばからあれだけどむっちゃ不安定そうだしほむらは相変わらず人の話聞かないし(まどかもわりとそうだけど)、なんかすごい続編作れますよオーラが出てませんかね。その場合、結論:相手の話はちゃんと聞きましょう、みたいな話になったりして。

 

 

なんかほんとに箇条書きになってしまってるしこんなもんでやめておこう。

音楽も素晴らしかったんだけど、サントラはどういう形態で出されるんだろうか。

とりあえず帰宅後興奮冷めやらぬまま勢いにまかせてテーマ曲は注文したった。

 

 

 

カラフル(期間生産限定アニメ盤)

カラフル(期間生産限定アニメ盤)

 

 

君の銀の庭(期間生産限定アニメ盤)

君の銀の庭(期間生産限定アニメ盤)