読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Return of the Durutti Columnのリイシューを買ってみた

ドゥルッティ・コラム『The Return of The Durutti Column』がLP再発、新装版紙ヤスリ・ジャケ - amass

さっそくというには遅いけど買ったので、ぼちぼち様子を見てみた。

 

f:id:perucho:20131227000601j:plainf:id:perucho:20131227000602j:plain

1980年1月リリース、英Factory FACT 14。

今回のものはFactory Beneluxから2013年11月ごろにリリースされた新装版、FBN 114。

 

 

オリジナルのジャケットは、A CERTAIN RATIOのメンバーやイアン・カーティスが組み立てを手伝ったことで有名な紙やすりジャケット。この新装版ではインナー表側のみに紙やすりがあしらわれ、Factoryの初期ロゴを模したジャケットに収納されている。

 

オリジナルのデザインコンセプトから考えると、新装版のデザインはわりと皮肉をきかせてあるといえるんじゃないだろーか。

いや、あるいは貧弱なインナーがしかし自身を保護するためのジャケットを傷つけずにはいられないという以下略

そもそも紙やすりというのはその性質上、周囲を傷つけることによってそれ以上に自身が崩壊していくという(ry

 

f:id:perucho:20131227000600j:plain

んでインナーなんだけど、ペラくてつやつやした紙質のところに盤が裸で入れられているものだから、レコードがインナーに張り付いて取り出すのに難儀する。

そしてどうにかこうにか引っ張りだすと、予想通り紙くずと埃が静電気でびっしりくっついているという状態。初回再生前にさっそくウェットクリーニングが必要に。

まあこのレコードの場合、紙やすりのクズが盤面にもくっついている可能性があるのでどちらにせよ開封後のクリーニングは必須なんじゃないだろうか。

 

f:id:perucho:20131227000603j:plain

ついでに紙やすりのアップ。正直インナー単体だとどうも間が抜けた感じになってしまうような。

気をつけなければならないのは、このインナーはあくまで片面に紙やすりがあしらわれているというだけで、けっしてオリジナルのジャケットを再現したものではないということ。Factory Beneluxのサイトでもそんな感じのことはちゃんと書いてあるんだけど、一部のショップ等の説明だけを読んでいると、あたかもFactory初期ロゴをあしらったジャケットのなかに紙やすりジャケを再現したインナーが収納されているような勘違いをしかねない。

 

このLPではアルバムに加えて、B面ラストに2曲のボーナストラックが収録されている。当時Factory Beneluxからリリースされたシングル、"Lips That Would Kiss"の2曲である。

もともとこのアルバムのB面は極端に収録時間が短く、この2曲を加えてやっとA面と同じぐらいになる(それでも19分程度)。なので、最内周とはいっても音質面でのハンデは比較的少ないといえる。

またどちらの曲も内容的にアルバムから直接の流れをくむもの(というかアルバムと同時に制作された?)であり、続けて聴いても違和感はほとんどない。

なので、1980年代ならまだしも2010年代にもなってレコードのケツにボートラぶち込むとか無神経なまねしやがってと呆れはしても、まあそういった判断もわからなくはない、といったあたりでどうにか収まりがつく程度でなんとかなっていると思います。マジでマジで

 

f:id:perucho:20131227000605j:plainf:id:perucho:20131227000604j:plain

LPのレーベル。なんでデザインをソノシートの方に似せたんですかね……

 

このアルバムの初回リリース分には、"TEST CARD"なるマーティン・ハネットの手によるインスト2曲を片面に収録したおまけのソノシートが付属していた。

今回の新装版では通常の7インチ盤として復刻されていて、あるいはアルバム自体よりこっちのほうがありがたみがあるかも知れない。

そういえばソノシートって最近また製造されたりしているらしいですね。

f:id:perucho:20131227000606j:plainf:id:perucho:20131227000607j:plain

 

オリジナルのソノシートはLPのB面を再生するとき上にのっけておくとちょうど続けて聴けるようになっているとかいう話を見かけたんだけど、にわかには信じがたい。たしかにB面のRun-Off部分ってソノシートのせられるぐらい空いてそうだけど、普通に針が引っかかると思うんだが。それとも単純にいったん止めて針をのせかえるだけの話か?

 

総評

なんか思ったより辛口っぽくなっちゃったけど、これはあくまで新装版であってオリジナルの再現を目指した類のものではない。

なのでそのあたりをちゃんと了解して購入する分には、十分満足のいく仕上がりになっていると言えるだろう。

盤質はしっかりしてるんで、その点に関しても心配いりません。音質も、鮮度とかは知らんけどふつうに良いと思う。最近の流行でちょっとまったり気味かな。

 

この記事もともとは25日中の公開を目指してたんだけど、大型建造で資材を溶かした提督の顔してるうちに気づいたら数日経過してしまっていた。今のところ成果はまるゆ1隻のみ……

 

 

Return of the Durutti Column [Analog]

Return of the Durutti Column [Analog]

 

オフィシャル特典の別デザインインナーってのはデュフィジャケだったりするのだろうか