読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Paranoïd 7" / Black Sabbath

f:id:perucho:20140215020418j:plainf:id:perucho:20140215020419j:plain

本国イギリスでのリリースは1970年8月7日。
ヨーロッパ各国で大ヒット、米ビルボードでも61位と健闘したBLACK SABBATHの代表的シングルである。
また結果的にこの後リリースされた2ndアルバムのタイトルトラックにもなった。
 
 
英Vertigoからのオリジナルリリースには(当時の多くのシングルと同じく)ジャケットがなく、写真のピクチャースリーブはフランス盤のもの。
この時期って日本を含めた各国で独自デザイン&カップリングのシングルがいろいろ作られる一方で、本国盤は素っ気ないのがほとんどである。
見ての通りタイトルは”Paranoid"ではなく”Paranoïd”となっており、これはBLUE ÖYSTER CULTと並んでいわゆる「メタル・ウムラウト」のごく初期の用例であると言われている。
とはいえフランス語との兼ね合いもあるし、BÖCほど意図的なものではなく、あくまで偶発的なものだと思うけど。
ちなみにBÖCの仕掛け人というかむしろ黒幕であるサンディ・パールマンは後にBLACK SABBATHのマネージメントも手がけていて、1980年には一緒にツアーをした挙句”Black & Blue"というライブビデオまでリリースした。
青牡蠣教信者である俺としてはぜひともDVDかBDで欲しいところなんだけど、一時期リージョン1のDVDがちょろっと流通したぐらいでさっぱり入手できん。
 
 
Top of the Popsに出演時の映像。音の方はよく知らないけど元からして被せてあったんじゃないかと。
シンプルで印象的なリフは彼らの得意技だが、これはその極みである「削ぎ落とされた」楽曲といえる。最低限の素材で1曲でっち上げたともいえる(オ
もともと間に合わせで作った曲が化けたというのはDEEP PURPLEの”Smoke On the Water”とかと共通ですね。
 
 
英盤のB面は1stアルバム収録の”The Wizard"だったが、この仏盤ではサバス版”Moby Dick”かはたまた”Toad”かというドラムソロ曲”Rat Salad”が選ばれている。
 
どったんばったんやっとりますね。
 
 

f:id:perucho:20140215020420j:plainf:id:perucho:20140215020421j:plain

仏Vertigo、6059 014。青いインジェクション・レーベルで、スリーブに書いてある通り”Série Parade”というシリーズの1枚らしい。
Vertigoの英国盤シングルがインジェクション・レーベルを使い始めたのってたしか72年とか73年に入ってからだったと思うんだけど、フランスではどうなっていたんだろう。
45catのページを見るとドイツ盤とかと同じようなデザインのレーベルも掲載されているので、手持ちの盤はどこかのタイミングでリプレスされたものかも知れない。
 
とか書いてたら詳しいページを見つけた。ありがてえありがてえ
ページを見ると"The last single with the ''normal'' black and white design was 6059 014"とドンピシャなカタログナンバーが書かれているので、このシングルは白黒デザインのレーベルから青のインジェクションに移行する過渡期のものであり、それゆえに両者が混在していると考えることができる。
 
さて、ごちゃごちゃ書いたけどこの盤で本当に重要なのは、ここに収録されている音源がモノラルである、ということ。
元々”Paranoid”という曲には、ギーザー・バトラーとトニー・アイオミがほとんどユニゾン状態でごりごりと押しまくるサバスの必勝パターン(なにそれ)の見本市的なところがある。
これがモノ・シングルと無茶苦茶相性が良く、すんげー迫力なのだ。
おそらくステレオが基本になってからのラジオ局向けプロモ盤とかと同じで、CSGプロセスとかそういったものでステレオ・マスターからモノラル・ミックスを作成し、その後でシングル向けに少々手を加えたのだと思われる。
 
この盤自体いい加減ステレオが主流になってきていた時期によその国でリリースされたものなので、アーティストの意向とかとは無関係な邪道ともいえるブツではあるが、それで終わりにしてしまうにはあまりにも惜しい魅力がある(ジャケット含めて)。
とは言え実際のところ、このフランス盤はモノラルでいいとして、英国盤等がどうなっているのかいまいちわからないのではあるが。ちょっと現物見てみるか、みたいなノリでほいっと入手できるものでもないし。
とりあえずドイツ盤と日本盤はレーベル面にもろステレオ表記がされていて、そっち基準でなんの確証もないのに英国盤もステレオだと思い込んでいたんですよね今回この記事書き始めるまで。
むしろ確証もなく言い切ってしまったほうが誰かにツッコまれて実際のところがわかったりするのだろうか(マテ
 
探せばあるもので、米盤プロモのモノラル音源がアップロードされていた。そうそうこんな感じこんな感じ
 
 

 

Paranoid

Paranoid

 

なお2ndアルバムのタイトルは当初"War Pigs"になる予定で、デザインもそれを前提としたものになっている。