読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

White Flags 12" / Blue Öyster Cult

12" #CBS

f:id:perucho:20150409200211j:plainf:id:perucho:20150409200212j:plain

White Flags 12" / Blue Öyster Cult (1985)

A: White Flags
B1: Shooting Shark
B2: Rock Not War

 

1985年12月リリース。BLUE ÖYSTER CULT(以下BÖC)の10thアルバム"Club Ninja"収録曲で、イギリスにおける先行シングル。

アメリカでは"Dancin' in the Ruins","Perfect Water"の2曲が、イギリスではこの"White Flags"がそれぞれシングルとして選ばれた。

 

BÖCのシングルは7"が中心だった(特にUSで12"はプロモのみ)が、イギリスではこの"White Flags"をはじめ数枚が12"でもリリースされた。

アルバム"Club Ninja"はUS盤とUK盤でミックスが異なり、ここに収録されている同アルバムからの2曲はUK Mixである(アルバムのUK Mix自体は未聴)。ドンシャリ気味で派手なUS Mixと比べると落ち着いたサウンドという印象。基本的な傾向はMSG "Built to Destroy"やWHITESNAKE "Slide It In"のUS盤UK盤におけるミックス違いと共通するものがある(そこまで極端じゃないけど)。

 

 

・White Flags

US Mixはフェード・アウトするが、この12"はフェードせず演奏の終わりまで収録されている。このエンディングがアルバムのUK Mixと共通なのか、それとも12"独自のものなのかどうかは不明。

なお7"の方は3分台に収まるようエディットされていた。

YouTubeにはUS Mixしか無かった。

 

・Shooting Shark

前作"The Revölution by Night"から。

前作を代表するヒット曲であり当然イギリスでもシングル・リリース済み。しかし1983年当時のリリースはエディット版を収録した7"が中心で、12"は特別仕様の限定盤のみだった。

 

・Rock Not War

US盤ではタイトルが"Make Rock Not War"だが、UK盤ではアルバムを含め"Rock Not War"表記となっているようだ。

この曲もエンディングの繰り返し部分がUS Mixより長くなっていおり、これがUK Mixのアルバムと共通なのかどうかわからない。

例によってUS Mix。

 

 

f:id:perucho:20150409200214j:plainf:id:perucho:20150409200213j:plain

CBS、TA 6779。

 

"timtom"はCBS Studiosのカッティング・エンジニア、ティム・ヤングのクレジット。

UK Mixの落ち着いたサウンドと良好なカッティングが合わさって、爆音で鳴らしやすいシングルに仕上がっている。"Club Ninja"の2曲はもちろん、"Shooting Shark"も12"映えするトラックなので収録は素直に歓迎できるどーせ他に丁度いいマテリアルもないだろうし

 

 

Club Ninja

Club Ninja

 

"Club Ninja" の記事で触れたように、リマスター盤はUS Mixが採用されている。旧英盤CDはUK Mixを収録している可能性があるものの確証はない。どうも英国で流通したCBS盤CDは日本プレスらしいので、尚更わからない。